大阪の産婦人科の中から、評判の良い人気産婦人科を徹底調査!

【大阪編~箕面・豊中・吹田周辺エリア~】

PAGE TOP
HOME » 出産にまつわる疑問・質問・不安を解消! » 産院の種類を覚えておこう!

産院の種類を覚えておこう!

知っておきたい産院の種類についてご紹介します。

産院の種類

総合病院

産婦人科だけでなく、様々な診療科がそろっているのが大きな特徴です。医師の数が多いため、医師と設備が整っているところで産みたいと思っている方は総合病院が向いているでしょう。

ただし、1人の医師が担当になってくれることは少なく、毎回別の医師に担当をしてもらうことも多いです。ここをデメリットだと感じる方もいるかもしれません。

特に総合病院が向いているのは自身が何らかの病気を抱えていたり、赤ちゃんにトラブルの可能性がある方です。もしも分娩時に何らかの異常が発生したとしてもすぐに適切な処置を受けられるのが総合病院の大きなメリットだといえるでしょう。

待ち時間は長い傾向にあります。これは患者さんの数も多いので仕方がないといえるでしょう。それなのに診療時間がほんの数分程度で「あんなに待たされたのに…」と不満をこぼす方もいます。

注意しなければならないのが、すべての総合病院で分娩を受け付けているわけではないということ。特に近年は産科を閉鎖しているところもあるため注意してくださいね。産科があったとしても受け付けている人数を制限しているところも多いです。

産婦人科病院

総合病院に比べるとベッドの数は少ないのが特徴です。医師の数も総合病院ほどではありませんが、担当医を付けてもらえる可能性も高いといえるでしょう。スタッフの数も総合病院ほどではないため、特定のスタッフと顔見知りになって深い相談ができたと感じている方もいます。

ただし、希望すれば誰でも産婦人科病院で出産できるわけではありません。合併症があったり、分娩時にリスクが高いと判断された場合には総合病院へ転院をしなければならないケースも多いのです。

総合病院に比べると患者さんと医師・スタッフの距離が近く、相談しやすいのがメリットになります。

大学病院

最先端の医療技術、医療機器を導入している病院です。リスクの高い出産にも対応しており、特に「NICU」とも呼ばれる新生児集中治療室が完備されているのは大きな安心にもつながるでしょう。

生まれてきた赤ちゃんにすぐに何らかの治療が必要とされるような疾患がある場合は大学病院での出産が安心できます。しかし、リスクの高い妊婦さんを受け入れている一方で、そうでない場合には入院を断られるケースも多いです。

また、1人の医師やスタッフに担当してもらうことは難しく、毎回違う医師の診察を受ける場合がほとんどだといえるでしょう。大学病院の大きなデメリットといえるのが、教育や研究も行っている期間だということ。そのため、診察や分娩に医学生達がぞろぞろ立ち会うこともあります。

個人産院・クリニック

○○レディースクリニック、○○産婦人科医院という施設名のところです。ただ、こういったところの多くは分娩を取り扱っていません。まずは自分が検討している個人産院・クリニックで分娩ができるか確認しておきましょう。

院長との相性がよければ気持ちよく出産ができるでしょう。人手が足りないところが多いため、ハイリスク妊娠の場合はなかなか受け入れてもらえません。

個人産院やクリニックで出産している方は非常に多く、日本で出産している方のうち半数はこちらで出産をしています。

助産院

助産院は10床未満なので希望しても入れないケースがあります。担当してくれるのは助産師の資格を持っている方です。助産院というと昔ながらの出産方法というイメージがあるかもしれませんが、近年は家庭的な雰囲気の中で安心して出産できるなどの理由で助産院を選択する方も増えてきました。

病院では陣痛が始まってから医師や担当の方が隣についてくれますが、助産院の場合は分娩前や分娩中も支えてくれます。ただし、医師はいません。

事前に十分な検査を行い、助産院で出産することにリスクがないと判断された場合にしか出産できないのです。何らかのリスクがあった場合には総合病院への転院も考えなければなりません。また、その助産院でしっかり総合病院と提携しているかよく確認しておきましょう。