大阪の産婦人科の中から、評判の良い人気産婦人科を徹底調査!

【大阪編~箕面・豊中・吹田周辺エリア~】

PAGE TOP

無痛分娩に対応している

無痛分娩に対応している大阪の産婦人科を紹介。無痛分娩の流れや薬剤についても調べました。

>>大阪で無痛分娩に対応しているおすすめクリニックは?<<

無痛分娩とは

赤ちゃんの画像

無痛分娩とは、お産の痛みを和らげるため、麻酔を使って出産を行う方法です。麻酔を打つと赤ちゃんが産まれる感覚も分からないと思われがちですが、産道を通ってくる感覚もありますし、産声をきちんと聞くこともできます。

無痛分娩を選ぶと自然分娩に比べて痛みが格段に少なくなるため、落ち着いてお産に臨むことができます。出産の痛みに対して恐怖心が強い方、緊張しやすくパニックになりやすい方、体力がなく疲れてしまって分娩時間が長引くような方にもぴったりです。

無痛分娩の流れ

  1. 入院後麻酔を注入するためのカテーテルを背中に入れる。
  2. 子宮口が3cm以上開いたら、麻酔薬を投入。
  3. 子宮口が全開大になるまで過ごす。麻酔をしているため陣痛の痛みは軽く、リラックスして過ごせる。
  4. 子宮口が全開大になったら分娩台に移動し、助産師さんのリードに従い“いきむ”。
  5. 何回かいきんだら赤ちゃんの誕生。痛みはほとんど感じることはないが、誕生の瞬間は実感できる。

無痛分娩で使用する麻酔

無痛分娩では、陣痛を和らげるために麻酔を使用して鎮痛を行います。無痛分娩の鎮痛法は主に2つ、「硬膜外鎮痛」と「点滴からの鎮痛」。ほとんどのクリニックでは硬膜外鎮痛を採用しています。

硬膜外鎮痛は鎮痛効果が高く、母体の意識ははっきりし、呼吸や赤ちゃんへの影響がないなど多くのメリットがあります。ただし点滴からの鎮痛に比べると処置がやや難しくなります。ほとんどの場合問題はありませんが、麻酔を使用する以上は副作用やデメリットの可能性もきちんと確認しておくことが大切です。

大阪で無痛分娩ができるおすすめの産婦人科

箕面レディースクリニック

女医さんが多く在籍している産婦人科です。LDRにてゆっくりと過ごすことができます。自然分娩が基本ですが、産婦や赤ちゃんの状態によってさまざまな分娩方法に対応しています。麻酔科医の着任に伴い、2015年10月から無痛分娩が可能になりました。無痛分娩は経産婦を中心に行っているため、初産で無痛分娩を希望する場合は担当医に相談をしましょう。

住所 大阪府箕面市牧落3-3-33
アクセス 阪急箕面線「牧落駅」下車、徒歩13分

>>箕面レディースクリニックの公式サイトでもっと詳しく見る<<

直原ウィメンズクリニック

無痛分娩から男女産み分けまで可能なクリニックです。LDRでの分娩やソフロロジー式も可能。地域における女性のトータルケアを提供しています。

住所 大阪府豊中市新千里南町2-11-1
アクセス 北大阪急行「桃山台駅」下車、徒歩10分

>>直原ウィメンズクリニックの公式サイトでもっと詳しく見る<<

たかせ産婦人科

基本はソフロロジー式の分娩を推奨しているクリニックです。最新の電子カルテシステムを導入し、スムーズな診療を行います。痛みに弱い方、陣痛に不安がある方、パニックになる方などは無痛分娩を選択できるそう。無痛分娩は硬膜外麻酔を使い、計画的に実施します。

住所 大阪府豊中市上野東2-6-15
アクセス 阪急電鉄宝塚線「豊中駅」下車、徒歩20分
大阪モノレール「少路駅」下車、徒歩15分

>>たかせ産婦人科の公式サイトでもっと詳しく見る<<