大阪の産婦人科の中から、評判の良い人気産婦人科を徹底調査!

【大阪編~箕面・豊中・吹田周辺エリア~】

PAGE TOP

無痛分娩に対応している

無痛分娩に対応している大阪の産婦人科を紹介。無痛分娩の流れや薬剤についても調べました。

>>大阪で無痛分娩に対応しているおすすめクリニックは?<<

無痛分娩とは

赤ちゃんの画像

麻酔というと意識がなくなるものをイメージする方が多いかもしれませんが、無痛分娩で使うものは痛みを抑えるための麻酔であり、意識がある状態で分娩を行います。 もちろん、出産のためにいきみは必要です。通常のお産と違うのは痛みがかなり抑えられるということ。これは無痛分娩最大のメリットだともいえるでしょう。 出産の痛みはかなり強く、人によっては「鼻の穴からスイカを出すくらいの痛み」と表現することもあります。そのため、かなり不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

特に、普段から痛みに弱いと感じている方は無痛分娩を行うと決めてしまうことにより安心してお産に向かえますね。 注意しておかなければならないこととして、無痛分娩を選択したとしても痛みが全くなくなるわけではありません。全くの無痛にするためには麻酔の量を増やさなければならないため、意識を残したままの状態で全くの無痛状態にするのは難しいのです。

ただ、無痛分娩には痛みがほとんどなくなること以外にも大きなメリットがあります。それは、出産後の回復が早いということ。 通常のお産では、かなり強く何度もいきまなければなりません。これにより、かなり体力を消耗します。無痛分娩であれば疲労感を抑えられるのは嬉しいポイントです。

しかし、必ずしも無痛分娩が選択できるわけではありません。もともとは無痛分娩の予定で準備を進めていたものの、うまく赤ちゃんが降りてこず、急遽帝王切開で対応しなければならないようなケースもあるのです。 こういったケースは非常に稀ではありますが、可能性の一つとして、知っておいてくださいね。

無痛分娩の流れ

  1. 入院後麻酔を注入するためのカテーテルを背中に入れる。
  2. 子宮口が3cm以上開いたら、麻酔薬を投入。
  3. 子宮口が全開大になるまで過ごす。麻酔をしているため陣痛の痛みは軽く、リラックスして過ごせる。
  4. 子宮口が全開大になったら分娩台に移動し、助産師さんのリードに従い“いきむ”。
  5. 何回かいきんだら赤ちゃんの誕生。痛みはほとんど感じることはないが、誕生の瞬間は実感できる。

まずは検査から行われます。心電図を使った検査や血液検査などを行うのですが、これは麻酔と陣痛促進剤を使っても問題ないか調べるためです。同時に赤ちゃんの心拍も確認し健康状態を把握します。 麻酔についていろいろと不安を抱えている方も多いかと思いますが、医師からしっかり説明があるのでよく確認しておきましょう。

また、無痛分娩は出産日を決めて行うものと自然陣痛を待つ2つのケースがあります。計画的に出産する場合、予定日に点滴で陣痛促進剤を注入して陣痛を起こすので、自分にはどちらが向いているのか考え、それぞれ希望に対応してくれる産婦人科を探しましょう。 計画を立ててから無痛分娩を行う場合は、その前日に入院をします。一方、自然陣痛を待つ場合は、陣痛が始まってから入院することになるのですが、こちらの場合も点滴で陣痛促進剤を注入する点は同じです。

また、無痛分娩はあくまで分娩時の痛みを抑えるためのものなので、麻酔が始まる前に起きる陣痛は痛みを感じます。 分娩後にどのように過ごすかは各産婦人科によって異なるので、不安なことがあれば事前に確認しておきましょう。具体的な過ごし方についてはホームページで確認できる場合もあります。

無痛分娩で使用する麻酔

無痛分娩では、陣痛を和らげるために麻酔を使用して鎮痛を行います。無痛分娩の鎮痛法は主に2つ、「硬膜外鎮痛」と「点滴からの鎮痛」。ほとんどのクリニックでは硬膜外鎮痛を採用しています。

硬膜外鎮痛は鎮痛効果が高く、母体の意識ははっきりし、呼吸や赤ちゃんへの影響がないなど多くのメリットがあります。ただし点滴からの鎮痛に比べると処置がやや難しくなります。ほとんどの場合問題はありませんが、麻酔を使用する以上は副作用やデメリットの可能性もきちんと確認しておくことが大切です。

無痛分娩に副作用はあるの?

無痛分娩の副作用は必ずあるわけではありませんが、副作用として報告されているものに次のようなものがあります。まず、麻酔が効きすぎてしまい、分娩中に意識が混濁してしまった方もいるようです。

それから、吐き気を感じる方もいます。分娩中もひどい吐き気に襲われ、大変な思いをした方もいるようです。他にも頭痛の症状を感じる方もいます。何日も頭痛が治らず、出産後は常に眠っていた方もいるようです。

他に、医師の技術不足や判断不足が原因で大きなトラブルにつながっているケースも少なからず報告されています。大切なのは、信頼できる医師を見つけることだといえるでしょう。 医師の技術不足があった場合、副作用のリスクが高まります。トラブルを避けるためにも無痛分娩の実績がある医師のいる産婦人科を選ぶことが重要です。

大阪で無痛分娩ができるおすすめの産婦人科

箕面レディースクリニック

女医さんが多く在籍している産婦人科です。LDRにてゆっくりと過ごすことができます。自然分娩が基本ですが、産婦や赤ちゃんの状態によってさまざまな分娩方法に対応しています。麻酔科医の着任に伴い、2015年10月から無痛分娩が可能になりました。無痛分娩は経産婦を中心に行っているため、初産で無痛分娩を希望する場合は担当医に相談をしましょう。

住所 大阪府箕面市牧落3-3-33
アクセス 阪急箕面線「牧落駅」下車、徒歩13分

>>箕面レディースクリニックの公式サイトでもっと詳しく見る<<

直原ウィメンズクリニック

無痛分娩から男女産み分けまで可能なクリニックです。LDRでの分娩やソフロロジー式も可能。地域における女性のトータルケアを提供しています。

住所 大阪府豊中市新千里南町2-11-1
アクセス 北大阪急行「桃山台駅」下車、徒歩10分

>>直原ウィメンズクリニックの公式サイトでもっと詳しく見る<<

たかせ産婦人科

基本はソフロロジー式の分娩を推奨しているクリニックです。最新の電子カルテシステムを導入し、スムーズな診療を行います。痛みに弱い方、陣痛に不安がある方、パニックになる方などは無痛分娩を選択できるそう。無痛分娩は硬膜外麻酔を使い、計画的に実施します。

住所 大阪府豊中市上野東2-6-15
アクセス 阪急電鉄宝塚線「豊中駅」下車、徒歩20分
大阪モノレール「少路駅」下車、徒歩15分

>>たかせ産婦人科の公式サイトでもっと詳しく見る<<