大阪の産婦人科の中から、評判の良い人気産婦人科を徹底調査!

【大阪編~箕面・豊中・吹田周辺エリア~】

PAGE TOP
HOME » 大阪での産婦人科選び、気になる選び方のポイント » 出産にかかる費用はどのくらい?

出産にかかる費用はどのくらい?

妊娠を検討している、または妊娠していることがわかったものの、費用の点で心配がある方も多いはず。そこで、具体的に出産にかかる費用についてご紹介します。

出産にかかる費用とは

出産にかかる費用といっても、分娩の費用だけを考えれば良いわけではありません。それまでに様々な検査なども行うので、そちらの費用もチェックしてみましょう。

妊婦健診にかかる費用

出産費用

健康保険は適用されないため、1回あたり3,000~5,000円ほどの費用がかかります。妊婦健診は15回から16回ほど行うのが望ましいと国が発表しており、これらの費用を総合すると妊婦健診にかかる費用だけでも平均して大体58,000円ほどになるようです。

特別な検査を受ける必要がある場合は更に追加費用が発生します。

ただ、近年は自治体で助成を行っているところも増えてきました。母子手帳をもらう際に妊婦健康診査受診票がついてくるので、助成の内容について忘れずに確認しておいてくださいね。

出産にかかる費用

もっとも考えておかなければならないのがこちらの費用です。まず、入院費用が発生します。しかも病気で入院するわけではないので健康保険は適用されないのです。

一般的には30~40万円ですが、個室を希望した場合には更に費用がかかります。また、出産の際に無痛分娩を希望する場合はプラスして費用がかかるので注意しておいてくださいね。これらを合計すると10~20万円程度費用が高くなることも考えられます。

ただ、健康保険に加入している場合は42万円の出産育児一時金が受け取れるので、個室や無痛分娩を希望しない場合、実際に自分の手元から出さなければならないお金は数万円程度だといえるでしょう。

それでも一時的に自分の手元にお金を用意しておかなければならないのでは…と不安を抱えている方もいますが、出産育児一時金は直接産院に支払われるようになっているので、出産するからといってそれほどまとまったお金は必要ありません。

注意しなければならないのが、出産育児一時金を上回る費用がかかってしまった場合です。入院や分娩にかかる費用は病院の規模や設備によっても変わってくるので、総合的にいくらの費用がかかるのかは事前によく確認しておきましょう。

大きな総合病院の方が個人産院より安いイメージがあるかもしれませんが、総合病院の場合はほとんどが大部屋なので40万円前後で済むケースが基本です。それに対し、個人産院の中には食事や設備にこだわっているところもあり、相場は50万円前後となっています。

帝王切開の場合の費用は?

帝王切開の場合、自然分娩よりも高い費用がかかります。ですが、それほど心配ありません。というのも、帝王切開の場合は保険診療の対応になり、ここでの自己負担の3割分がだいたい自然分娩でかかる費用と同じくらいになるからです。

そのため、帝王切開の場合も出産育児一時金でまかなえるケースが多いといえるでしょう。ただ、帝王切開の場合は入院が長引くこともありますよね。この場合は出産育児一時金では足りない可能性もありますが、支払い額が一定の金額を超えれば高額療養費の対象となり、戻ってくるお金も多くなるのです。

一時的には自分の手から出さなければならないので、このあたりは十分な注意をしておきましょう。中にはもともと自然分娩の予定であまりお金を用意していなかったものの、直前に帝王切開が決まり、慌ててしまう方もいるようです。

その他の費用

出産にかかる費用とは少し違いますが、親族や友人から出産祝いをもらった場合はいただいた金額の3分の1~2分に1にあたる金額のお返しをしなければなりません。また、赤ちゃんのおむつやミルク代、その他マタニティグッズをそろえる費用などもあるため、余裕を持って準備をしておくのが理想です。